最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

オフィシャルブログ★スタッフ日記★

2019/10/08
回復のカギはホームカリキュラムにあり

みなさま、こんにちは。カウンセラーの池田です。

いまYSこころのクリニックでは、当院で治療に取り組み、直近に寛解した100名を超える方を対象に、インタビューをお願いする取り組みを進めています。

寛解を達成するまでの体験をお聞きし、治療にのぞんでいる方々の力にしていただくためです。

 

インタビューを進める中で、寛解に至るポイントとしてわかってきたことがあります。

それは、寛解した方は、ホームカリキュラムにしっかりと取り組んでおられるということです。

 

当院がご提供している治療コースでは、クリニックで取り組んでいただく2日間や3時間のカリキュラムとともに、ご自宅で取り組むホームカリキュラムをお渡ししています。

寛解した方々は、そのホームカリキュラムをご自身の中でしっかりと位置付けて、毎日の生活の中で習慣にしておられます。

 

ある方は、ご自身の変化を発見する『回復ノート』をつけることに毎日取り組んでおられました。


また、佐藤康行先生の言葉をまとめた『小冊子』を毎朝読んでいるという方もおられます。

 

ある男性は、寛解後も1年以上、毎日ホームワークに取り組んでおられます。

朝起きたら瞑想をして、出勤すると会社で職場の人をテーマに『美点発見』をして、会社の中で起こった出来事を元に『完璧愛ポスト』に取り組みます。

そして、家に帰ると寝る前には心の変化を書くワークをするそうです。

さらに電車に乗っている時や歩いている時や昼休憩など、時間あれば「真我の実践」を心の中で言うようにしているとのことでした。

 

これを1年以上続けた結果、今では自分に起きることが良きことに捉えられるようになったそうです。

職場の人間関係も変わり、前は不平不満やネガティブなことを言う人が近寄ってきていたのが、今では、自分より先に人のことを考える人だったりとか、文句を言わずにどうすれば問題解決できるかを考える人が自然に自分に周りに集まってくるようになったと語ってくださいました。

 

この方は、寛解後も再発をすることなく、順調に回復の道を歩んでおられます。

 

回復の道を進んでいくために大切なことは、あなたの病を作り出した「過去の記憶」の心(三日月の心)で生きるのではなく、心の自然治癒力である「真我」の心(満月の心)であり続けることです。


ホームカリキュラムは、言葉の力で満月の心の方に意識を向け、心の自然治癒力を引き出していく効果があります。

だから、クリニックのカリキュラムに取り組みながら、ホームカリキュラムに取り組むことは、治療効果をあげていくために重要なのです。


ホームカリキュラムは、2日間や3時間のカリキュラムとともに、回復の道を進むために欠かせない「車の両輪」です。 

回復の道を着実に進んでおられる方々の体験は、その大切さを教えてくれています。

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック