腰痛をきっかけにうつ病を発症。必死に治療法を探し見事克服!

吉沢弘成さん(仮名・58才)のうつ病完治体験記

うつ病を克服した体験談

昨年10月、腰痛をきっかけにうつ病を発症

普通の暮らしに戻るまでには数年かかりましたが、人生の伴侶と子宝に恵まれ、守るべき家族を得たことで少しずつでもエネルギーが回復していきました。

ところが、神経症を発症して数十年が経った昨年10月、突如としてうつ病になってしまったのです。きっかけは、ゴルフで患った腰痛でした。あまりの激痛に身動きが取れなくなり、整形外科で2週間ほどの入院を余儀なくされました。

病室のベッドで、家族や会社に迷惑をかけてしまうことを悔やみ、先々の不安でいっぱいになってしまったのです。 私が会社を解雇されれば、家族を路頭に迷わせてしまう。みんな生きていけなくなってしまう……。腰痛というだけで、なぜそこまで自分を追い詰めてしまったのか。はっきりとは分かりませんが、精神の袋小路に迷い込んだ状態となり、まともな判断ができなくなっていたのだと思います。

家族によって精神科の病院へ移された私は、うつ病と診断され、さらに3週間ほどの入院となりました。薬物治療に加え、電気によって脳を刺激する治療法などを施し、症状が少し落ち着いたところで退院。職場へ復帰するまでの2ヵ月ほどを自宅で療養しました。

症状は徐々に回復したものの、ネガティブな思いが頭から離れることはありませんでした。27歳の時と同様に、再び数ヵ月も会社を休むことになってしまった自責の念から、妙な考えが頭のなかを支配し出したのです。

私が不在になることで、会社の製造ラインがストップし、業績が下がるのではないか。製品が作れなくなり、取引先に迷惑をかけるのではないか……。 でも実際には、私一人がいなくなったところで製造ラインに影響が出ることはあり得ません。ふつうに考えれば理解できるはずなのに、なぜそんな考えにとらわれてしまったのか分かりません。


最新のうつ病治療 YSこころのクリニック 無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分
うつ病治療ならYSこころのクリニック まずは無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分