同じ悩みをもつうつ病体験者が語るネガティブな思考癖の原因が・・・

吉沢弘成さん(仮名・58才)のうつ病完治体験記

うつ病を克服した体験談

ネガティブな思考癖の原因は、父親との関係にあった

うつ病を克服するために私が参加したのは、YS「心の再生」医療でうつ病を克服する、「うつ病臨床プログラム」です。

このプログラムでは、YSカウンセラーの方にじっくりと話を聞いてもらいました。

生まれ育った家庭環境について触れた際、母親には温かな感情が湧き上がりましたが、父親に対しては恐怖と怒りの感情ばかりが出てくるのです。

私が子どもの頃、父が会社から帰ると、両親と妹の家族4人で夕飯を食べるのが日課でしたが、その時の父はたいてい不機嫌でした。 夕飯の準備が遅い、ちゃぶ台の位置がずれているなど、ささいなことで母をなじるのです。今思えば父の言動は、母に対する“言葉の暴力”でした。

家族団らんという和やかな雰囲気を味わったことはありません。不穏な空気が漂うなかでいつも父を怖れ、緊張しながら食事をしていた記憶があります。

思春期になると、私はますます父との接触を拒むようになりました。食事の時もテレビに視線をやりながら黙って食べ続け、不機嫌な言動を繰り返す父の存在を無視していたのです。

YSカウンセラーの方は、私の恐怖心や不安感の強い性格が、このような幼少期の体験に基づいていると指摘されました。父から受けたトラウマがあることはぼんやりと気づいていましたが、「やはりそうだったか」と確信を得ることができたのです。

例えば10代の頃に、一人で渓流釣りを楽しもうと計画を立てたことがありました。準備を整え、「いざ出発!」とオートバイのエンジンをふかしたところで、急におじけづいて計画を取りやめてしまったのです。

このようなことが、何度もあり、目の前のことにおじけづく自分を発見するたび、私は自信を失くしていったのです。


最新のうつ病治療 YSこころのクリニック 無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分
うつ病治療ならYSこころのクリニック まずは無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分