うつ病の薬の副作用に苦しむがうつ病を回復!薬を完全にやめた!

植村百香さん(37才)の体験談のうつ病完治体験記(1)

うつ病克服体験談

●受診前
うつ病と大量の薬剤による副作用に苦しみ、「死にたい」と思い詰め、何度もリストカットした
      ↓  ↓  ↓
●受診後
うつ病から回復、周囲との人間関係が改善!薬を完全にやめて食事も楽しくなった。

 

頭のなかで「プツン」と何かが切れた

うつ病回復体験記 結婚7年目となる、昨年5月のことです。それは突然やって来ました。仕事中、頭のなかで何かが弾けるような感覚がし、急に涙が止まらなくなってしまったのです。

なぜそうなったのか自分でも分からず、そうこうしているうちに段々と体が動かず重くなっていき、何をすることもできなくなってしまいました。

さらには言葉すら出なくなってふさぎ込むようになり、夜になってもまったく眠れない日々が続きました。 本当に「プツン」と脳の中で何かが弾けたような音がしたその日から、私は“うつ”という病に深く悩まされることとなったのです。

8年前、ごく普通にOL生活を送っていた私

8年前、ごく普通にOL生活を送っていた私は、夫と縁あって結婚。夫の実家へ嫁ぐこととなり、彼の父親が経営する自動車販売の会社で事務一切を担当することになりました。

それなりに業績も良かったのですが、会社は家族経営のため事務所では常に社長である舅と姑、そして夫のほか数名の従業員と顔を突き合わせて仕事をする状況。2世帯住宅に住み、プライべートといえる場所は自宅の中しかありませんでした。

今思えば、様々なことに気を使い、知らず知らずのうちにストレスを溜め込み、毎日心身ともにすり減らしていたのかもしれません。特に姑との軋轢(あつれき)は大きな負担でした。良くある話かもしれませんが、逃げ場はありません。

また、舅である社長はワンマンな性格でしたから、仕事について夫と意見を戦わせることも多く、その間に入って調整役を務めていました。

さらには、立場上私に言うのが一番楽なのか、従業員たちも社長への意見や仕事の不満を口々に言ってきて、私はその事後処理をする立場。 もともと相手を言葉で言いくるめるようなタイプではない私は、マイナスの感情をひたすら飲み込んで耐えていたのでしょう、日々イライラがたまってくるのが自分でも分かり、いつしか大好きなはずの夫にも当たるようになってしまいました。

さらにはストレスのせいでピリピリした態度で周囲に接し、それがまた自分に返ってくるという悪循環になっていたのです。

思えば2年前の冬に突発性難聴に・・・

思えば2年前の冬に突発性難聴になったのが、体の変調を知らせる最初のシグナルでした。突然片耳が聞こえなくなり、病院で治療したのですが、幸運にもその症状は程なくして治り、仕事もそのまま続けていました。 しかし翌年の5月、もうガマンできなくなって、うつを発症したのです。

そのときはもう体も動かず、言葉も出せず、という状態でとても仕事をできる状況ではありませんでした。コンビニに行くことすら恐ろしく、家から一歩も出ない日が続きました。

気力を振り絞って近所のクリニックを探し受診しましたが、最初はうつ病と診断されず、じんましんではないかと言われそのままに。見かねたのか、夫が別の病院を探してくれ、そこでようやくうつ病とわかり、抗うつ薬を処方してもらって少しは出歩けるようになりました。

薬の副作用なのか味覚に異常をきたす

しかし、薬の副作用なのか味覚に異常をきたし、何を食べても味がしなくなって、食事も摂れなくなりました。 とはいえ、休みを取ったのが多少は良かったのか少しは活動できるようになり、10月に仕事に復帰。

しかし、突然手の震えが来たり、まったく何をする気力もなくなったりとうつの症状はどんどん悪化していきます。医師も原因が掴めず、「これ以上薬を増やすのも良くない、ほとんどお手上げの状態だ」と言われてしまいました。

12月には3つ目となる病院を受診。脳波や血液検査を受け、カウンセリングで色々なことを聞かれたのですが、「うつがひどいので、とりあえずは薬で調整していきましょう」と言われるばかり……。

抗うつ薬は増える一方で、「この薬がないと私は外に出ることはできないのか」と思い詰める毎日でした。暗闇に落とされたようで、自分の心も少しの希望もまったく見えず、部屋にこもっては、感情的に泣きじゃくる日々。 そのうちに私は「早く死にたい」、「とにかく死にたい」としか考えられなくなってしまい、実際にリストカットも何度も試みました。


最新のうつ病治療 YSこころのクリニック 無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分
うつ病治療ならYSこころのクリニック まずは無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分