短期間で、うつ病が完治した方の闘病記です

宮田友一さん(仮名)(32才)のうつ病完治体験記(3)

失職、離婚の危機からうつ病を完治した体験談

あっという間に、うつ病が完治!

うつ病克服体験記 YSこころのクリニックのカウンセラーによると、YSメソッドで〝本当の自分〟を自覚すると、その完全完璧な心が出てくることで、うつ病の原因が解消されるということでした。

そのYSメソッドをカリキュラムとした「うつ病臨床プログラム」へ、私は参加することに決めました。

診察とカウンセリングを経て臨んだ「グループセッション」で、私は家族の深い愛を全身で感じました。 これまでに感じたことのない大きな感動が全身を駆け抜け、涙が溢れて止まりませんでした。

それまでは、〝本当の自分〟と出会うのはもっと難しいかと思っていたのですが、即、〝本当の自分〟を自覚することができ、興奮と歓喜につつまれて、安堵したのを覚えています。

その日の夜、寝ようとしたら、なんとスッと眠れたのです。これには驚きました。この日以来、寝つけなかったことは今日までただの1日もありません。

振り返ってみて、いつの時点でうつ病が完治したかと言えば、まさしくこの日からです。長年苦しんでいる方々に比べたら、私がうつ病にかかっていた期間は短かったでしょう。

けれど、私はもう本当につらかったです。そのうつ病が、消えてしまいました。 しかも、それまでにかかった日数は、90日どころかたったの18日でした。診察や治療にかかった実際の時間で言えば、合計20時間ほどだったでしょう。

今後も私は、うつ病になることはないと断言できます。それくらい、YSメソッドで私の状態は確実に変わりました。 それから2日ほど経ち、妻と子どもがアパートに帰ってきた時のこと。1ヵ月半ぶりぐらいに妻子と会ったのですが、娘は「父ちゃーん」って言いながら、ワーッと抱きついてきてくれました。

無事、娘と再会できた私は、「ああ、生きてて良かったなあ」と、強く感じたのです。 その後、またYSメソッドを受診する、ちょうど前日のことです。 私は妻と大げんかしてしまいました。私は机をバンバン叩きながら怒って、妻も茶碗を投げつけて割るような大げんかで、娘はギャンギャン泣いていました。

妻からは、「あなたとは限界だ、もうやっていけない! 出て行く!」とまで言われ、最悪の気分のまま、受診当日を迎えたのです。 受診を終え、ずっと切っていた携帯の電源を入れたら、妻からものすごい量の着信とメールが入っていました。どうやら妻は、私が自殺しているんじゃないかと心配して連絡してくれていたようなのです。

家に帰ると妻は先に寝ていましたが、私は勇気を振り絞って妻の手をさすり、「今までごめんね。本当にありがとう」と、YSメソッドで感じた気持ちをそのまま伝えました。

翌日も同じように気持ちを伝えると、妻は「今まで1ヵ月以上、すごく心細かった。大変だった」と、想いをとうとうと語ってくれたのです。 その時の私には、「ごめんなさい。ありがとう」以外の言葉はありませんでした。

すると、その間にも妻の表情がみるみる変わっていったのです。鬼のような顔をしていたのが、どんどん険が取れて、柔らかい表情に変わっていきました。

妻からは「とりあえず別居しましょう。もしお互いにやり直したいと思えたら、また考えよう」と言われました。それを聞いて私は、「まだ可能性を残してくれたんだ。すごくありがたい」と思ったのでした。


最新のうつ病治療 YSこころのクリニック 無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分
うつ病治療ならYSこころのクリニック まずは無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分