最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

マイク所長ブログ★スタッフ日記★

2020/03/26
私のメール

皆さま、こんにちは

YSこころのクリニック 看護師の谷です。

先日、自宅のパソコン内の整理をしていたら、私がカウンセラーさんへ宛てたメールが

ひょっこりと出てきました。

すっかり忘れていましたが、あぁ そうだった、こんな時期があったな~と、昔の自分を思い出しました。

ちょっとお恥ずかしいのですが、そのまま紹介しちゃいます。

~~~~~以下、メール文~~~~~

〇〇さん、こんばんは。

先日はお世話になりました。

2日間の東京、思いもよらないことだったので、なんで私はこのカリキュラムに参加しているのだろう?と不思議な気持ちでいっぱいでした。正直、内容や実習はよく、いや全くわかりませんでした。素直な感想です。

参加された方々に圧倒された感じでした。でも、みなさんにひっぱられて私も何かは分かりませんが、スイッチが入った気がします。

このタイミングで声をかけて下さった○○さんに感謝でいっぱいです。

最近、私は近くの心療内科のお世話になっていました。薬を飲んでも何も変わらないことも、この薬が何の作用があるのか、どのような副作用があるのか、など解かっていても薬に頼らないと仕事にいけない状態になっていました。昨年10月末が始まりで、きっかけは解かっていました。だから、ゴミだししてみたり色々やってみたけど、ずっと苦しくて、とにかく、職場に行きたくない、看護の仕事をしたくない、辞めたい、ばかりが出てきて・・・。朝になったら仕事に行かなきゃ、と思うと朝が来るのが怖くて眠れませんでした。

身体的症状もあるけど、感情がコントロールできなくなっていて、患者さんやスタッフとも話が出来なくなっていて、空いている個室や会議室で泣いてる自分に気が付いたとき、近くの心療内科に行こう、と思いました。 

私の場合、診断名は「適応障害」でした。鬱ではありません。たぶんストレスとなるものから離れれば治るものです。でも、既に何がストレスかわからなくなってしまっていて・・・。ちょっとしたことが全てストレスに感じていました。

 誰にも相談できませんでした。福岡での1日セミナーの後はスッキリして、雲が晴れたような気持ちで帰るのに、翌日職場に行くと更に落ち込んでしまう、の繰り返しでした。本当はドンドンひどくなっていました。それが、東京から帰ってきて、やる気いっぱい、毎日楽しい私がいます。全然苦しくない。薬も飲んでいない。夜もよく眠れるし・・・。劇的に変わりました!

 今は、看護の世界にYSメソッドを伝えたいです。この思いが強くなっていて、ワクワクしています。 昨日、看護部長よりYSメソッドについての正式な研修依頼を受けました。

公式な看護師への研修です。第一歩を踏み出せます!何が何だかわからないけど、とにかく東京での2日間カリキュラムに誘っていただいて本当に良かったです。ありがとうございました。

いろいろと取り留めもなく書いてすみません。アンケートを兼ねてその後の現状報告です。○○さんは、私の状態がわかっていてお誘いして下さったのですか?

とにかく、参加して良かったです。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

明日は、人生の優先順位を明確にしてきます!

                            谷 佐知子

~~~~~以上、メール文~~~~~

これは56年前の9月末のメールです。

私にも、こんな時期がありました。皆さんもきっと変われます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック