最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

マイク所長ブログ★スタッフ日記★

2020/04/26
人生2度目の救急車に乗ってわかったこと

みなさま、こんにちは。カウンセラーの池田です。

先日の月曜日に、救急搬送されました。大学生の時に交通事故で救急車に乗った経験はありましたので、人生2度目の救急車となりました。

原因は、めまいです。この日の夕方頃からめまいが始まって起きていられなくなり、夜に入ると寝ていても天井がグルグルと回って嘔吐を繰り返し、呼吸も困難になってしまいました。

 

夜遅くに家族が帰宅し、近所の病院に相談すると「すぐに救急車を呼びなさい」となり、深夜に近隣市の大病院に救急搬送されました。

検査の結果、幸いにも脳疾患ではないだろうとのことで、入院することなく帰宅し、通院しながら自宅で療養することになりました。

 

数日の間は何も食べられず、寝ているしかありませんでしたが、徐々に回復してきて、昨日からは座って食事もとれるようになってきました。ただ、立ち上がるとめまいが始まり、まるで酔っ払いのように千鳥足になってしまうので、家の中でも壁に手を当てながら伝え歩きをしている状態です。自分の身体が自分の思うように動かず、情けない限りです。

 

今回、このようなことになり、感じたことがいくつかあります。

ひとつは、クリニックに通ってくださる患者さまの気持ちがリアルにわかったことです。

患者さまの中には、身体症状としてめまいを訴える方もおられます。これまでそのご相談を聴かせて頂いていましたが、今回自分がめまいを体験し、その辛さを実感しました。

 

もう一つは、医療を受ける側の経験をしたことで、医療スタッフのちょっとした言葉や対応で、自分の心がどれほど動き、安心を感じたり不安を感じたりするのか、それを経験することができました。

 

さらにともに働くスタッフの存在です。急な職場離脱のなかで私が担当していた部分をカバーしてもらい、支えてもらっています。ありがとうございますという言葉しかありません。

 

カウンセリングを予約してくださっていた方には、急なキャンセルをお願いし、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

 

回復に努めて、今回の経験を学びにして一日も早く復帰したいと思います。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック