最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

マイク所長ブログ★スタッフ日記★

2020/04/29
父の変化

皆さま、こんにちは

YSこころのクリニック 看護師の谷です。

 

今回は、私自身のお話しをします。

私の父は、頑固で亭主関白で、女は男の言うことを黙って聞いておけばいい、という昔堅気の人でした。

それに、人柄というより、職業で人を判断する性格でした。

公務員や官僚が偉い、すごい人だといつも言っていました。

なので、私が看護師になるときも「そんな汚い仕事を何故するのか」

働き出してからも、「国家試験に落ちて、公務員になれば良かった」と

言っていました。

渋々、私が看護師として働くことを許していたのは、

私が勤める病院が全国的に展開している公的病院であったからです。

その病院を辞めるときは(以前一度ブログに書きました)

親子の縁を切ったほど反対されました。

その後も私は、一応親の望みに少しでも応えようと、またもや全国規模の公的病院で働いていました。

しかし、そこを辞めて個人経営のクリニックで働くとなった時に、

反対されると思い中々言い出せずにいました。

それも、地元からは通えないちょっと遠くのクリニックです。

絶対に怒られると思っていたのに、転職の話を切り出した私に、

父は笑顔で「その方がいい。佐知子はもう地元でなく、ちょっと遠いところで働いたほうがいい。」

「○○病院(私が勤めていた病院)は大変と聞いていた。頑張ったな。」と

言ってくれました。

これには、父と同居している姉も目を見開いて驚いていました。

今までの父からは想像できない言葉です。

私は、「ああ、父は変わっていたんだ。何もわかろうとせず父を昔のままだと決めつけていたのは私の方だった」と思いました。

YSメソッドを受けて、私は変わったつもりでいましたが、

私は変わらずに父を色眼鏡で見ていたことに気づかされました。

そして、私ではなく、父の方が先に変わっていたことに驚くとともに、

変化を認めるという大切さにも気づかされました。

 

YSメソッドに出会う前は大っ嫌いな父でした。

今では、大好きな父です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック