最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

マイク所長ブログ★スタッフ日記★

2020/07/04
『家に帰ったら、大きな声で「ただいま」と言う』
皆さま、こんにちは。
YSこころのクリニックのカウンセラー奥村紀子です。

前々回(6月10日)に「笑顔で、いってらっしゃい!」というブログを書きましたが、今回は『家に帰ったら、大きな声で「ただいま」と言う』という真我体道をご紹介したいと思います。

真我の基本は、自分から相手を幸福な気分にさせてあげることです。
幸せな気持ちになって、喜びいっぱいで楽しい毎日を送れるように、言葉と行動でそれを表していくのです。
またむしろ場合によっては、心が伴わなくても形から入り形から入っていくうちに心が変化していくということもあります。
最初は意識的にやっていくことがポイントです。と佐藤先生は仰います。

2dayカリキュラムの後に、以前は真我体道を2、3種類していました。30分位で自由参加でしたが、時間に余裕があれば必ず参加していました。それは開いた真我を実生活で活かせる素晴らしいワークだと感じたからです。沢山あるの中でも、この真我体道が私のベスト3に入ります。 

「ただいま」「お帰りなさい」の挨拶をしていますか?
帰ったときの挨拶も、朝の「おはようございます」の挨拶と同様とても大事なことなのです。「ただいま」「おかえりなさい」とそれを言うだけで自分自身と家族に、大きな安らぎを与えるのです。
「ただいま」は今日も何事もなく無事に帰りました。という報告でもあるのです。そして大切な人を迎えるように、「おかえりなさい」と丁寧に言ってみましょう。

やり方は
①2人でペアになり向き合います。お互いの目を見て「真我の実践」を1分間唱えます。
次に先攻後攻を決めて、お互いに名前を伝えます。

②先攻の人から目の前の人の目を見て、「〇〇さんただいま」と言って丁寧に頭を下げます。
後攻の人も、「〇〇さんお帰りなさい」と言って丁寧に頭を下げて迎えます。

③先攻後攻を交代して、同じように丁寧に挨拶をします。

このような単純なペアワークですが、感情が揺り動かされ、愛と感謝を日常で表現できるようになります。そして、相手も変化していき、人間関係がどんどん良くなっていきます。
クリニックでは、実践というクラスで様々な真我体道を行っていますので、ご興味ある方は是非ご連絡ください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック