最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

★スタッフ日記★2020/08/24

「嫌いな人と付き合う方法」

皆さまこんにちは、YSこころのクリニックのカウンセラーの近藤陽子です。

 

猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日の佐藤先生の言葉は嫌いな人と付き合う方法です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私たちは、「あの人は嫌いだ」と思うことがときどきあります。

 

しかし、実際には「嫌いだ」という自己暗示をかけているだけで、たんに波長が合わない人がいるだけです。

 

「何かを教えてくれているのだ」と考えればよいのです。

 

相手からの厳しい言葉や、非難などは、自分へのメッセージです。

 

世の中に不必要なものは何ひとつないのです。

 

大切なことは、「嫌いだ」と思う人を自分自身の課題にすることです。

 

そのようなときは、自分を高め、相手を包み込める人間になることに努めてください。

 

自分を変えずに、ムリヤリ好きになる努力をしてもムダです。その人を好きになっても、またべつの嫌いな人が出てくるからです。

 

しかし、その人を包みこめるようになれば、似ている人はぜんぶ包みこむことができるようになります。

 

飛行機でも、互いに同じ高さで飛んでいると衝突しますが、高さを変えれば衝突することはありません。

 

自分を高めても、嫌いな人が、どんどん出てきます。

 

しかし、徐々に嫌いな人は少なくなっていきます。

 

自分にとって「嫌いだ」と思う人が現われたときには、まず、その人は「何かメッセージをくれている」と感謝をしてみるのです。

 

波長が合っているかもしれません。自分自身を高めていけば、嫌いな人はいなくなります。

 

しかし、自分に対する何かのメッセージとなると、相手のせいではなく、自分のせいになります。

 

自分のせいだとしたら、今の自分のままでは波長が釣り合いません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が佐藤先生の言葉です。

 

私も自分に苦手な人が現れたときは、何を教えてくれているのだろう?と考えるようになりました。

 

今までのやり方では違うよ!と同じような人が現れて教えてくれるんですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

近藤 陽子

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について




最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック