最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

スタッフブログ★スタッフ日記★

2020/10/28
「真我の覚醒」に支えられた②
皆さま、こんにちは。カウンセラーの宮田です。
私は、2016年10月から3か月間、この「YSこころのクリニック」で治療を受けました。その頃のことを書いてみます。
 
私は、治療中に偶然にも「真我の覚醒(めざめ)」を丸暗記したと前回のブログでご紹介しました。
 
「真我の覚醒」は、私のマイナス思考の癖を是正してくれたように思います。
 
今回は、更に「真我の覚醒」のどの部分で心が元気づけられたかを書いてみます。
 
2か所目は、小冊子の55頁です。
「うれしい時、認められた時、喜びですね 天に認められた時、至上の喜びです」のところです。
 
更に続く『「よかったね」と上から言っているのです』では、喜びと希望のような感情が溢れてきて、嬉しくて涙が出てくる感動を何度も味わったことを記憶しています。
 
うつ病になって、「人生は終わった」と絶望しかなかった自分にとって、この言葉は正に心の支えになっていたと思います。
 
そして、3か所目は56頁の
『喜んでください 心から喜べば、喜びは感謝に通じます』のところです。
私は、幼少期から短気でした。そのお陰で私が小学5年生の時、母親はある宗教に入会しました。私も通いました。
 
「感謝しなさい。」と教えられても、それができない自分が居ました。私はその自分が嫌いでした。
 
自分はどこか変なんだろうかと、悩んだ時期もありました。
 
それが、『喜ぶだけで感謝に通じる』という言葉は、全く新しい発想で希望を感じました。
 
それだったら、私にもできる!
 
そう思えたときの喜びは、可なりのものでした。
 
こうしてブログを書きながら、一つ気が付いたことがあります。
 
それは、「YSメソッド」を知ってから丸4年が経ちましたが、今考えると、この時の感激が、どうも私の心の方針になっているように感じます。
 
その内容は、次回書きたいと思います。
 
最後までお読みいただき、有難うございました。

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック