最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 本日は夏バテ予防についてちょっとお話したいと思います

★スタッフ日記★

2021/07/29
本日は夏バテ予防についてちょっとお話したいと思います
皆さま こんにちは
YSこころのクリニック 
看護師の谷です。

梅雨明けと共に
猛暑の夏が一気にやってきましたね。

連日30度超えの暑さですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は夏バテ予防に
ついてちょっとお話したいと思います。

私が子供のころは、
夏バテといえば暑さで体力を消耗し、
食欲が落ちてグッタリする状態をいいました。

でも、いまどきの夏バテは
同じグッタリでも、

その原因は昔のものとは違います。
従来の夏バテの原因は、
暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、
大量の発汗、睡眠不足といったものです。

ところが最近の夏バテの原因は、
昔ながらの「暑さによる食欲低下」
といったものだけではないのです。

むしろ、今の夏バテに
大きく寄与していると考えられるのが「エアコン」。

つまり、エアコンの効いた室内と
暑い外との温度差に身体がうまく対処できず、
カラダが混乱して自律神経失調状態になること。

これが現在の夏バテ対策を
一番難しくしていると言われています。

現代ならではの夏バテについて知り、
しっかり対応しましょう。

エアコンの設定温度は外気との差は5℃以内に。
頭を冷やすとより涼しく感じますよ。

また冷えすぎないように
サっと羽織れる上着を一枚持っていると便利です。

夜中の熱中症の危険もありますから、
冷房や扇風機を上手に活用しましょう。

長時間冷房にさらされていると、
体が冷えすぎて血行不良になり、
肩こりやむくみが生じたり、
内臓の働きが低下したりする恐れがあります。

シャワーで済ませず湯舟にしっかり漬かり、
汗をかくのもよいですね。
半身浴もおすすめです。

生活習慣を見直して、
夏を元気に乗り切りましょう!

昔ながらの暑さによる食欲低下には、
以外にも、
日本古来の味噌汁もお勧めです。

味噌で塩分、わかめでミネラル、
具材がシジミなど貝類ならタウリン、
豆腐ならタンパク質などが手軽に取れます。

お野菜もたっぷり入れて、
ビタミンや食物繊維も上手に取って
上手に夏を過ごしましょう。

最後までお読みくださりありがとうございます。


あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック