最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • [ビフォーアフター]父へのわだかまりが軽減、13年間服用していたうつ治療薬も 完全に断薬できた
ビフォーアフター2022/05/09

[ビフォーアフター]父へのわだかまりが軽減、13年間服用していたうつ治療薬も 完全に断薬できた

本日お届けするのは、
佐藤康行真我メソッド(YSメソッド)
「ビフォーアフター」シリーズ
の第16回です。

このシリーズでは、
YSメソッドの治療に取り組んで
寛解された患者様の

受診前・受診後の変化に焦点を当てて
ご紹介しています。

それではさっそくご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ビフォーアフター 16】

父へのわだかまりが軽減、
13年間服用していたうつ治療薬も
完全に断薬できた

江島純子さん(仮名・38才)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ビフォー(受診前)】

1、小学校からいじめにあって、
小さい頃からうつっぽかった。

2、20代からの13年間、うつ病の薬を
飲み続けていた。

3、職場でパワハラにあって退職になり、
うつがさらにひどくなった。

4、高圧的で自分勝手な父と性が合わず、
自分を責めて我慢し続けていた。

 ↓ ↓ ↓

【アフター(受診後)】

1、YSメソッドを受けた後、うつ病は
自然に脱していた。

2、13年間飲み続けたうつ病の薬を
飲むことがなくなった。

3、父の不快な行動を見ても、
イライラで沸騰することが少なくなった。

4、自分を責めることをやめ、
恨みの言葉を捨てた。

******************

いかがでしょうか。

今回ご紹介したのは、
20代から、13年間うつ病の薬を
飲み続けていた方の
ビフォーアフターでした。

この方は、小学校でいじめにあったとき
から、うつっぽさを感じておられました。

高圧的で自分勝手な父と性が合わず、
父の味方ばかりする母から、
「父のことを分かってあげて。
我慢して仲良くして」
と言われ続けて、

自分が間違っているのだと思い込んで、
自分を責めて生きてこられました。

社会に出てからデータ作成の仕事を
始めたものの、部長に当たる人から
「お客や社員からの評判が悪い」と
言われて辞めさせられ、

その後に勤務した印刷会社では、
経営状態の悪化とともに、上司から
「あなたが悪い」「いつも足を引っ張る」
とパワハラに遭い、退職することになります。

これがさらなるうつにつながっていき、
だんだん物忘れが激しくなって、
認知症になったかと思うほどの重苦しさ
の中におられました。

YSこころのクリニックを受診された
のは、そのような状態の時でした。

YSメソッドの集中カリキュラムでは、
「本当に何も感じなくて、
とにかく疲れたという印象」
だったそうですが、

「0点だった父が、なぜか40点にはなり、
父の不快な行動を見ても、
イライラで沸騰する時間が短くなった」

という変化を受診後に体感されました。

そして「自分を責めてもしょうがない」
と思うようになっていかれました。

YSメソッドを受けた時の気づきや
体感は、患者様によりさまざまです。

今回の方のように、表面的には
何も感じなくて疲れたという印象だった
としても、

心の奥深くには確実に作用しています。

だから0点だった父への肯定感が向上し、
父の行動に対する感じ方が変化されたの
です。

この後、この方は、うつを寛解されました。

「YSメソッドを受けて、
私は自然にうつを脱しました。
薬ももう飲んでいません」

素晴らしいビフォーアフターを
ありがとうございました。

* * * * *

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございす。

次回の配信でも
新しい「ビフォーアフター」を
ご紹介します。

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について




最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック