最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 「うまくいっていないこと」を人のために使う 
★スタッフ日記★2022/08/28

「うまくいっていないこと」を人のために使う 


こんにちは
YSこころのクリニック カウンセラーの大島です。
皆さまいかがお過ごしですか。

本日は、佐藤康行先生の書籍「心が折れそうになったら読む本」より、お届けします。
…………………………………….
「うまくいっていないこと」を人のために使う

なぜ人は悩むのでしょうか。
それは「うまくいかない」からです。
練習したのに「うまくいかない」。
勉強したのに「問題が解けない」。
きちんと準備したのに「計画通りに進まない」。
事前に思い描いた通りにことが進まないから、人は悩む。事前に周到に準備するまじめな人がこのスパイラルに陥ることが多いのです。
いつも行き当たりばったりの人なら、その前の段階を改善すればいいのですが、できることをちゃんとやっているのにできないから、「うまくいかない人」の悩みは深いのです。
しかし、世の中には「うまくいっていないこと」が誰かの役に立っていることがあります。

会社の経営に悩む人がいるから、経営コンサルタントの仕事が成り立つ。
髪の毛に悩む人がいるから、かつらのメーカーが儲かる。
運動不足や肥満に悩む人がいるから、スポーツジムが流行る。

物事は表裏一体です。
何か不足したものを補うために、人はお金を払うのです。
「うまくいっていないこと」は「ダメだ……」と多くに人が思うでしょうが、そうではありません。
自分ができないことが誰かの役に立つ、つまり貢献していると思えばいいのです。
「うまくいかなかった……」とがっかりすることは誰にだってあります。でも、やり方次第で、プラスに転換できるのです。
そう考えると、いま修羅場にいる人は、大変幸運だと言えます。
その修羅場を乗り越えることができれば、あなたは成長できるから。
いま、一番低い谷底にいるとしたら、それをひっくり返したときに、一番高い山になるのです。
私自身、人生で一番惨めだと思っていたどん底の時期に、自分自身を深く掘り下げることができました。
落ちこんだときには、それをひっくり返せば上になることを知っていますか。
落ちこんだことを楽しめるようになれば、もう怖いものはありません。
スポーツ選手は厳しいトレーニングを積みます。
苦しい、でも、その苦しみを乗り越えることによって強くなったことを実感できれば、苦しみは苦痛ではなく喜びになります。
…………………………………….

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について




最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック