最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

★スタッフ日記★2022/09/21

性格を捨てる!


皆さま、こんにちは。
YSこころのクリニックのカウンセラー奥村紀子です。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?
大型台風が来て雨と風は大丈夫でしたでしょうか。

自分の性格を変えたいと思っていたけど、そんなに簡単には変えられない。
自分の長所は手放したくないけれど、短所は早く手放して変わりたいと思ってました。
でもそれは難しいのです。いいところ取りをしていました。

3度目の癌の時、私はとことん真我に踏み込みました。
これがいいとか悪いとか考えている暇がないくらい!
自然と今までの自分の価値観が消えていったのだと思います。
ただ、佐藤先生の音声を聞く、言霊を読む、瞑想する、美点発見をする。
そこを徹底的にやっていけばいいんだとわかりました。

癌がなくなったと同時に、私の性格も捨てたのだと思います。
まだ、クセが出るときがありますが、その時は更に真我に
踏み込んでいくきっかけになっています。

それでは、佐藤康行先生著の「捨てる生き方」より

~~~~~~~~~~~~~~~

性格を捨てる!

「どうして自分はこうなんだろうか。」自分の気質や性格が嫌で
何とか変えたいと思っている、でもなかなか変えられない、
こういう悩みを抱える人は多いでしょう。
すぐにカッとなる性格、はっきり断れない性格、人を信じやすい性格、
飽きっぽい性格、だらしない性格……。人の性格は人生を左右します。
ここに挙げたような性格の人は、自分でも「困った」と感じているに違いありません。

そこで何とか変えようと努力しても、性格は簡単に変わりません。
もちろん、自分を精神的に改善しようと努力することは、素晴らしいことです。
このように、どうしても性格を変えたいときは、どうしたらいいのでしょうか。
自分の中の悪い性格だけを変えるような試みは絶対に成功しません。
なぜなら、性格は連動しているからです。

すぐにカッとなる性格は良くないですが、元気の良さと裏腹のこともあります。
はっきり断れない性格も困ったものですが、穏やかで人を傷つけない
優しい性格もあるに違いありません。
信じやすい性格は、損をすることが多いかもしれませんが、
悪い性格とは言えません。
飽きっぽい性格は好奇心旺盛とセットの可能性があります。
だらしない性格は、のんきでこだわらない性格なのかも知れません。

ある性格だけを改善しようと思ってはいけないのです。
良い性格も悪い性格もひっくるめ、一度に全部を捨ててしまうのです。
そうでなければ変えられないからです。これは、性格を改善すると言うより、
生まれ変わると表現したほうがしっくりときます。

そもそも直そうとしている性格は、本当に悪いものなのでしょうか。
自分の都合で、自分の悪いところを決めていないでしょうか。
例えば、わがままな人がいるとします。
その人は、自分のわがままなところを直したいと思っています。

この状況は一見好ましいことのようです。
しかし、実は違うことの方が多いのです。その人が、自分のわがままに
対して人に文句を言われ、それに気づいたとします。

その気まずい状況を変えたいがために改善しようとしているならばどうでしょう。
その場合は、自分の都合で自分の悪いところを決めているのです。
あるほんの一部分を取り上げて、自分の悪いところだとそれを変えようとしても、
それを変えるのはなかなか難しいことです。

それは、あなたの心の現れの一つにすきないからです。
本当にそれを変えたいのなら、あなたの心を丸ごと捨てなければなりません。
それが「捨てる生き方」なのです。いいところ取りをしてはいけません。

自分の中のいいと思える性格も悪いと思える性格も、同じ一つの心の現れです。
ただ自分の都合で、これはいい性格、これは悪い性格と決めつけているのです。

私が20代前半の頃、セールスの仕事をしていたときのことです。
あるとき自分を根本的に変えようと決心して、挨拶の表情から始まり、
言葉遣い、動作、その他の仕事の進め方や生活習慣に至るまで、
自分のあらゆる点を生まれ変わったつもりで変えました。
そして、これを何度も行って自分を変え続けました。自分を捨て続けたわけです。
その結果、私は見違えるような断トツのトップセールスになりました。

あるいは、こういう方法もあります。
自分の身柄を誰かに全部預けてしまうのです。
ある一定期間、特定の誰かを選んで、あらゆる問題、事柄について、
その人の言う通りにします。そのとき自分というものを一切出さないように
気をつけます。尊敬でき、信頼できるような、自分にとって人生の師に
なるような人に頼んで協力してもらうのです。

もっと言えば、その人を自分の中にスッポリ入れてしまうといいでしょう。
その人が自分の肉体を着ているのだと思って行動するのです。
いわば役者になるようなものです。こういう訓練を積むと、
自分の性格が変わっていくことが実感できるはずです。

ですから、本当に自分を変えるためには、今の自分を丸ごと捨てることです。
良いと思われる部分も悪いと思える部分も含めて全部です。しかも、
少しずつ捨てるのではなく、一気に捨てる。一気に捨てればガラッと変わります。

もちろん、一気に捨てるには勇気が要ります。恐怖もつきまといます。
しかし、心配には及びません。あなたが、あなた自身を丸ごと捨てたとき、
何もなくなってしまうわけではありませんから。

そのときに初めて、本当のあなたが出てきます。あなたの本当の個性が現れます。
あなたの本質は、あなたの考えるあなたとは異なります。それを発見し、
生かすためには、自分をすべて捨てなければなりません。
自分を変えるには、都合よく変えようとしてはダメです。
自分をすべて捨て去ることです。

▶︎ 自分を人に預けて ▷▷ 性格を捨てる!

~~~~~~~~~~~~~~~

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック