最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

患者さまのお喜びの声ブログ

患者さまのお喜びの声ブログお喜びの声

2019/11/29
寛解カルテ39 嫌いだった父への思いが一変!部下との関係もプラスに変化!

嫌いだった父への思いが一変!部下との関係もプラスに変化!

 

 

 

                           新井 秀夫さん(仮名・46才)

 

 

私が最初にうつを感じたのは一昨年十一月頃です。

 

 

 

家庭で子どもにイライラして八つ当たりをしてしまい、怒る気持ちを抑えられなくなりました。

 

 

 

仕事は営業部の支店長だったのですが、判断力や決断力、やる気がなくなっていきました。

 

 

 

しかし会社には言える雰囲気はなく、何とかごまかしながら仕事をしていました。

 

 

 

発症のきっかけは、直属の部下であるチームリーダー二人との関わりでした。

 

 

 

ちょっと自分はおかしいんじゃないか、やばいなと思って、精神科の病院に行きました。

 

 

 

もらった薬が効いてその時は良くなったのですが、薬を減らすと調子が悪くなり、また薬を増やした時に「薬をずっと飲み続けなきゃいけないのか」との思いがわき、他の方法を探し始めました。

 

 

 

そして宮島先生の本に出会いました。

 

 

 

これがYSこころのクリニックに来たきっかけです。

 

 

 

昨年四月のことです。

 

 

 

私は父が根本的に嫌いでした。

 

 

 

最初の二日間集中カリキュラムを受けたとき、父のことを一生懸命書いているうちに、自分の中に何か変化を感じました。

 

 

 

涙が出たりすることはありませんでしたが、父へのわだかまりと嫌悪感が消えて、確実に何かが変わったと確信したのです。

 

 

 

このとき自分は「寛解したんだろうな」と感じ、実際にその後の診察で宮島先生から寛解のハンコをいただきました。

 

 

 

さらにその後のカリキュラムでは、父母の仲が悪いと思っていたのが、自分の中から愛が出てきたときに「自分のためにそうしてくれていたんだ」と見方が一変しました。

 

 

 

父に対して、前はイライラや憎しみをいだきながら、親なので好きになろうと努力していました。

 

 

 

今は普通に感謝できますし、電話でも家に帰った時もかならずケンカしていたのが全くなくなりました。

 

 

 

父への思いと関わりがまったく変わりました。

 

 

 

直属の部下のチームリーダー二人との関わりも変わりました。

 

 

 

前は、関わりたくないし話したくないと思っていたのが、一歩踏み込んで腹を割って話せるようになりました。

 

 

 

何でこいつは俺の言うことがわからないんだろう? と見ていたのが、彼の言い分が理解でき、尊重できるようになりました。

 

 

 

問題があっても前に進みやすくなり、すべてがプラスに働いています。

 

 

 

家庭でも変なイライラがなくなり、子どもに怒らなくなりました。

 

 

 

今このように体験談をお伝えしてご恩返しができていることが本当に嬉しいです。

 

 

 

====●=====●=====

 

 

素晴らしい体験ありがとうございます。

 

 

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック