最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

患者さまのお喜びの声ブログ

患者さまのお喜びの声ブログお喜びの声

2020/04/01
寛解カルテ82-2 母への恨みが感謝に変わり、うつが一気に解消、肉体労働ができるくらい元気に!

 

昨日のパート1からの続きです。

 

 

パート2

 

 

 

【そのうえリストラに】

 

 

それからも心療内科に通い続けましたが、私の症状は一向によくなりませんでした。

 

 

 

病院では話を少しは聞いてもらえますが、改善には向かわないまま、薬だけもらっていました。

 

 

 

寝ても疲れが取れず、頭の回転もよくないし、仕事中つらいのです。

 

 

 

吐き気がしたり、口では表せないような不安に襲われました。

 

 

 

心療内科では、カウンセリングも受けました。

 

 

 

私のほうからいろいろ話して、自分で何かを見つけていく感じなのですが、自分から話す方ではない私にとってはつらかったです。

 

 

 

辛抱して1年間通いましたが、カウンセリングの先生は黙っていて相づちもなく、何も見出せなかったので全然プラスになりませんでした。

 

 

 

震災から3年ほど経った頃には、私を取り巻く環境はびっくりするくらい悪くなっていました。

 

 

 

体調や人間関係はもちろんですが、会社の業績も悪化していて、私はリストラされてしまったのです。

 

 

 

その後、私は仕事を転々とするようになってしまいました。

 

 

 

どこに勤めても人間関係がうまくいかず、さらに体調が悪くなってきて、仕事を選べる幅が狭まっていきました。

 

 

 

やがて短期の仕事でないと、体力も、気力も、人間関係も保てなくなっていました。

 

 

 

実質的には、働けなくなってしまったも同然でした。

 

 

 

そんな状況に、さらに追い討ちをかけるような出来事が起こりました。

 

 

 

母の浪費が止まらなくなり、多額のカードローンを抱えていることが発覚したのです。

 

 

 

もはや買い物依存の状態で、この一件を境に家族には深い溝ができてしまいました。

 

 

 

父と母はいがみ合って、離婚寸前の事態になり、私も母への憎しみが頂点に達しました。

 

 

 

「あんたはそれでも親か!」と、責めて、責めて、責め抜いたその時はスッキリするような気もしましたが、後々すごくつらくなっていきました。

 

 

 

そして、どんどん体調が悪くなっていったのです。もうガクーンとなってしまって、それからはさらに深みにはまり、全てが悪い方へと向かっていきました。

 

 

 

 

 

明日のパート3【いろいろな「教え」で、苦しむ】へつづきます。

 

 

お見逃しなく。

 

 

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック