最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

患者さまのお喜びの声ブログ

患者さまのお喜びの声ブログお喜びの声

2020/06/26
寛解カルテ96-1 驚きの大逆転!地獄のうつ病・DVから極楽人生へ なんと月収140倍!

驚きの大逆転!地獄のうつ病・DVから極楽人生へ なんと月収140倍!

       

 

 

三輪大五郎さん(42才)

 

 

 

今日から12回(パート1~12)に渡って詳細をお伝えしていきます。

 


パート1

 

【自分には心がない】

 

大学1年生の頃、私は下宿住まいをしていました。

 

 

 

何ごとにも積極的なタイプだった私は、入学以来いろいろな活動に精を出していたのですが、ある日の朝、突然寝床から起きられなくなってしまいました。

 

 

 

外に出ていきたくない、誰とも会いたくないなというような気持ちが、いきなり湧いてきたんです。

 

 

 

あれ、何だろうと思っていたら、なんとそのまま引きこもりになってしまいました。

 

 

 

その頃はうつという言葉も市民権を得ていませんでしたから、理由がよく分からないまま、引きこもりは1ヵ月くらい続きました。

 

 

 

その後、外に出て行けるようになったり、出られなくなったりを繰り返しました。

 

 

 

うつ状態は外でも家でもかまわずやってきます。

 

 

 

普通に動いていても、わっ、きたとなると、言葉も発せなければ体も動かせなくなるのです。

 

 

 

小学校で児童会長、中学・高校時代には生徒会長を率先して務め、果敢だった私がなぜうつになったのか? 

 

 

 

それが気になっていたのですが、その頃の私は、自分に心が無いのではと思うようになっていました。

 

 

 

振り返ってみれば、人生のなかで泣いた記憶はほとんどありません。

 

 

 

感動する映画を見たら泣けるのかなと思い、そういった映画を観に行ったことがあるのですが、全く感動しませんでした。

 

 

 

「ああ、俺には心が無いんだな。やばいな俺、心凍ってるじゃん。こんなに冷たくていいの? 俺」と思っていました。

 

 

 

亡くなった祖母に、仏壇で手を合わせながら「婆ちゃん、なんで俺、心が無いんだよ」と語りかけたその時、涙がこぼれました。

 

 

 

唯一、泣いた記憶と言えばそれだけだったのです。

 

 

 

祖母が亡くなった原因は、直腸がんでした。

 

 

 

そして祖父も、胃がんで亡くなっています。

 

 

 

祖母は66才、祖父は71才で、そんなに高齢とは言えない年齢で亡くなっていました。

 

 

 

さらには母の妹……私にとっては叔母ですが、今度は叔母が子宮頸がんで、48才という若さで亡くなったんです。

 

 

 

三人とも、本当に立て続けという感じでした。

 

 

 

 

明日のパート2【人はなぜガンになるのか】へつづきます。

 

お見逃しなく。

 

 

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック