最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

オフィシャルブログ所長マイクのブログ

2019/09/11
減薬・断薬の方法 20 「インプットの弊害」

 

心の3層構造の1層目、2層目を構成する顕在意識と潜在意識。

 

 

時間、空間の概念を持つ1層目の顕在意識。

 

 

それらを持たない無意識レベルの2層目、潜在意識。

 

 

頭でいくら学んで知識を詰め込んだところで、無意識の心には殆ど影響を与えません。

 

 

顕在意識の理性や価値観、知識、観念は、概念そのものを実体の無いものとして認識する潜在意識に対して無意味だということです。

 

 

それどころか、顕在意識と潜在意識の狭間で自分が苦しむことにもなりかねない可能性さえ秘めています。

 

 

例えば良い教えや考えを学べば学ぶ程、できない自分に対して自己嫌悪になったり、逆に正論で「あいつはできていない」「こいつはだめだ」などと人を裁くようになってしまったりします。

 

 

無意識レベルの潜在意識に対しては、知識や観念を学び、頭に叩き込むような行為が逆効果だと言うことです。

 

 

世間で言う「頭の良い人」が、必ずしも自分の心をコントロールできない理由がこれです。

 

 

結局何かを取り入れる、インプットするという方法論では、記憶された感情を変えることはできませんし、過去を変えることはできません。

 

 

では、記憶を変えるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

ここでいよいよアウトプットの方法論の登場です。



続きはまた明日。

 

あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック