うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)について

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)とは?

簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)とは、
16項目の自己記入式のうつ症状に対する評価尺度です。
うつ病の重症度を評価できるほか、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVの大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に対応しているという特長があります。

世界的認知度を持つ、アメリカの精神科医 John Rush 先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されています。
日本語版は、 慶応大学医学部の藤澤大介先生のグループによって作成されました。

採点の方法

睡眠に関する項目(第1-4項目)、食欲/体重に関する項目(第6-9項目)、精神運動状態に関す る2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化しま す。それ以外の項目(第5、10,11,12,13,14項目)は、それぞれの点数を書き出します。 うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他 6 項目を会わせて 9 項目の合計点数(0点か ら27点)で評価します。原版 QIDS では、点数と重症度は下記のようになっています。

0 - 5 正常 16-20 重度
6 -10 軽度 21-27 きわめて重度
11-15 中等度    

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)の使い方

各項目が大うつ病性障害の症状に対応しています。
うつ症状の評価やスクリーニングに使えるほか、合計点を算出することで、うつ状態の変化を見ることができます。
6点以上の場合にはうつ病の可能性がありますので、当院にご相談してください。

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)のダウンロードはこちらから

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)の診断テスト

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)の診断テストで、あなたのうつ病の状態を診断できます。

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)の診断テストはこちら


最新のうつ病治療 YSこころのクリニック 無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分
うつ病治療ならYSこころのクリニック まずは無料カウンセリングをお試しください。あなたのお悩みに専門カウンセラーがお応えします。 ご予約・ご相談専門ダイヤル:03-5204-2239 診療時間:午前10:00~13:00~午後14:00~18:00 休診日 日曜日 月曜日 金曜日 JR東京駅 八重洲北口出口 徒歩3分 東京メトロ 日本橋駅 B3出口 徒歩2分