最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ニュース

ニュース新着情報

2019/06/19
子どもが登校時間になると「おなかが痛い」と訴えたら 宮島院長インタビュー
YSこころのクリニック院長・宮島賢也医師が、インターネットサイト「オトナンサー」の
インタビューに登場しています。

テーマは「子どもが登校時間になると『おなかが痛い』と訴えたら」です。

お子さんが、登校時間になると「おなかが痛い」と訴えたら、
親御さんのあなたはどうしますか?

実際に、お子さんから保育園に行く途中に言われたり
小学校へ送り出そうとすると言われたり
そんな経験をお持ちの親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

「どういう腹痛なのか分からなくて戸惑う」

「もしかしてストレスなのかな」

原因がわからず、不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

3カ月以上持続するお腹の痛みは『慢性腹痛』と言われますが、
その90%は心因性の腹痛です。

特に春以降は、保育園や学校などでの新生活が進み、
環境が大きく変わったことをきっかけに、
「おなかが痛い」と訴える子どもが増えます。

5~16歳の約10~15%(特に8~12歳)に慢性腹痛がみられる
というデータもあります。

では、お子さんが心因性の腹痛を訴えたとき、
どうすればいいのでしょうか。

ひとつは、お子さんに寄り添い、お子さんの話をよく聴いてあげることです。
お子さんの言葉を否定したり、親の考えを押しつけたりせず、
お子さんが言いたいことを最後まで聴いてあげましょう。

そして、お子さんのことを素晴らしい存在として伝えてあげましょう。

より詳しい対処方法をお知りになりたい方は、
YSこころのクリニック院長・宮島賢也医師のインタビューを
インターネットサイトの「オトナンサー」でご覧下さい。

◎オトナンサー「登校時間に『おなかが痛い』新園児や新1年生を襲う“腹痛”の原因と対処法」

この宮島賢也医師のインタビューは、Yahooニュースでも紹介されています。
◎Yahooニュース

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック