最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ニュース

ニュース新着情報

2020/08/20
「心が強い子」の育て方は? 宮島賢也院長が『日経DUAL』に登場

当院の宮島賢也院長が、働くママとパパのためのWEBメディア

『日経DUAL』のインタビューに答えた記事が、昨日より公開されました。

 

「不登校や行き渋り 親の問い詰めがダメな理由は  うつヌケ精神科医がアドバイス」

 がテーマです。

 

夏休みが明けて、新学期が始まります。

夏休み明けは不登校になる子どもが増える傾向があります。

 

今年は特に、新型コロナウイルスの影響で例年よりも短い夏休みになり、

心の負担を抱える子どもたちもいることでしょう。

 

このインタビュー記事では、

もしも、子どもが「学校に行きたくない」「きょうは休みたい」と口にしたら、

親はどのように対応すればいいのか

という切実な問題について、宮島賢也院長がお答えしています。

 

主な内容をご紹介するとー

 

☆その日学校に行くか行かないかよりも、大切なのは子どもを安心させてあげること

 

☆まずは子どもの言葉を受け入れる

 

☆親の役割は、子どもが悩んでいても、何かをアドバイスをすることではない

 

☆わが子が不登校や行き渋りの兆候を示したときに、親が意識すべき「5つのポイント」

 

-ポイント1

わが子は「欠けている三日月」ではなく「満月」であると認識する

 

-ポイント2

学校には「行ってもいかなくてもいい」というスタンスに立つ

 

-ポイント3- 

学校を休んだ日は、勉強以外のことを学ぶ機会と考える

 

-ポイント4

「夫婦仲」を顧みる

 

-ポイント5

わが子が心の内を話し始めたら、親はカウンセラー役に徹する

 

『日経DUAL』の記事の全文をお読み頂くには、有料会員登録が必要ですが、

前半部分の一部は無料でお読み頂けます。

 

ご関心がおありの方は、下記のURLにアクセスしてご覧ください。

 

=====================================

 働くママとパパを支えるWEBメディア『日経DUAL

 

特集「レジリエンス、しなやかさ、負けないメンタル… 『心が強い子』の育て方」

 

「不登校や行き渋り 親の問い詰めがダメな理由は

うつヌケ精神科医がアドバイス。

 

わが子が兆候を示したときに親が意識したいNG言動と5つのポイント」

 

      

 https://dual.nikkei.com/atcl/feature/19/073000044/081700003/?i_cid=nbpdual_sied_poya_autom

 

 =====================================

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック