最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

オフィシャルブログ所長マイクのブログ

2019/11/07
どんな意識が心の病をつくるのか

どんな意識が心の病をつくるのか

 

「意識したものが現われる」ということは当然、心の病にも当てはまります。

 

 

 

病が発症するような意識・エネルギーがあるということです。

 

 

 

「病が発症する意識・エネルギー」とは何でしょうか?

 

 

 

不調和の心というエネルギーです。

 

 

 

不調和とはあらゆる物と調和していない状態のことです。

 

 

 

その中でも特に、人間関係、対人関係の不調和こそが、病の根源と言えるのです。

 

 

 

人に対する恨み、憎しみ、嫉妬、怒りなどのエネルギーが、心や身体を蝕むことになります。

 

 

 

その不調和のエネルギーは、無意識領域の潜在意識から発せられています。

 

 

 

心の病の発症は、心を病む意識・エネルギーが、具現化している状態といえます。

 

 

 

自然界では、全てが調和し法則通りに営まれています。

 

 

 

唯一人間だけが「法則に反する行為、行動をしている」と解釈できます。

 

 

 

その行為・行動は、心がもとですので、不調和の心を持つと、その心が言葉になり、行動になり、やがて人生の結果として自分に跳ね返ってくるというわけです。

 

 

 

我々人間も宇宙の中に存在し、宇宙と同じエネルギーでできていることは、これまで見てきたとおり言うまでもありません。

 

 

 

ということは、私たち人間は、もともと全てと調和した存在だと言うことです。

 

 

 

なのに、なぜ不調和は起こってしまうのでしょうか?

 

 

 

しかも人間にだけ。

 

 

 

この不調和は、エネルギーですので現実に病という形として現象化されますが、実在する真の姿ではありません。

 

 

 

この事実を開発者:佐藤先生は、「満月の法則」で見事に解き明かされています。

 

 

 

夜空に浮ぶ「三日月」

 

目には欠けたように「三日月」に見えます。

 

しかし月の実体はまんまるの満月。

 

さらに、「三日月を修正して満月にする」行為も必要ありません。

 

満月が現われると、三日月は自然と消えて無くなります。

 

 

 

これをそっくり人間関係に置き換えます。


 

自分や他人が欠けた存在に見える。

 

三日月に見えるが、これは実在ではない。

 

人間はもともと全てと完全に調和した存在。

 

まんまるの満月。

 

これが真実の姿であり、実在。

 

三日月に見える不調和が作り出す病そのものを、治そうとする必要はない。

 

もともと調和している実在の満月が現われると、不調和が生み出す病は消える。

 

 

 

この満月理論を実践しているのが、佐藤康行(YS)メソッドです。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 


あなたへのおすすめRECOMMEND

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-5204-2239

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック