最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • うつ病が進行するとどうなる?進行状況別の症状を解説
コラム2022/05/31

うつ病が進行するとどうなる?進行状況別の症状を解説

うつ病が進行するとどうなる?進行状況別の症状を解説


うつ病かもしれないと思ったとき、具体的にどんな症状が出るのか気になる方は多いのではないでしょうか?
実は、うつ病は進行状況によって症状が変わってきます。

本記事では、うつ病の前兆から進行状況別の症状を詳しく解説していきます。
「うつ病かもしれない」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

うつ病の主な前兆


うつ病は、段階的に症状が重くなっていくこころの病気です。
そのため、前兆で目立った症状が現れることはなく、あくまで初期段階での症状が続く場合にうつ病の可能性が考えられます。

うつ病が発症した段階での主な症状としては、以下のようなものがあります。

うつ病の前兆・発症しはじめの症状
     
  • ・何となく気分が落ち込む
  • ・好きなことを楽しめない
  • ・イライラすることが多い
  • ・涙もろくなる
  • ……など

上記のように、うつ病が発症すると精神的に不安定になる場合がほとんどです。
ただし、この段階では単に疲労がたまっている場合や自律神経が乱れている場合などにも、当てはまるため、うつ病かどうかが分かりにくいです。

1つの目安として、うつ病は精神的に不安定な状態が2週間以上続くという特徴があります。
数日で回復するようであれば一時的な気分の落ち込みと判断できますが、継続する場合はうつ状態になっている可能性が高いです。

【進行状況別】うつ病の症状


うつ病の症状は、進行するごとに変化します。
症状は大きく3段階に分かれ、初期段階・中期段階・重症段階それぞれでみられる症状が異なります。

ここからは、進行状況別にうつ病の症状を詳しく解説していきます。

初期段階での症状


うつ病の発症しはじめから初期段階までで確認できる症状は、主に精神面での不調です。
前兆や発症しはじめのころに見られる症状にくわえて、表層的な症状も現れはじめます。

うつ病の初期段階でみられる主な症状は、以下のようになります。

初期段階のうつ病の症状
     
  • ・常に憂うつな気分になる
  • ・思考力が落ちて判断が鈍る
  • ・落ち着きがなくなる
  • ・ずっと疲れが取れない
  • ・集中力がなくなる
  • ・性欲がなくなる
  • ・自分を責めるようになる
  • ・死にたいと考えるようになる
  • ……など
上記のように、精神的に不安定になることからさまざまな弊害が現れます。

思考力や判断力が鈍ることで、仕事のミスが多くなり自分を責めることが増えていきます。
その結果、「自分は必要ないのではないか」と思考がネガティブな方向に傾き、死にたいと考えるようになってしまうのです。

自覚症状だけではなく、他人にも様子がおかしいことが分かるため、周囲にこのような症状がみられる方がいるときは、本人に指摘してあげましょう。

中期段階での症状


うつ病の中期段階では、精神的な症状のほかに身体的な不調もみられるようになります。
以下に、中期段階まで進行したうつ病の症状をまとめました。

中期段階でのうつ病の症状
     
  • ・漠然とした不安感に悩まされる
  • ・物忘れが多くなる
  • ・眠れない場合や眠りすぎることがある
  • ・食欲が落ちる
  • ・便秘と下痢を繰り返す
  • ・動悸やめまいがする

    ……など

上記のように、中期段階までうつ病が進行すると不眠や食欲低下、動悸など体にも悪影響が出てきます。

うつ病の進行スピードは人によって異なりますが、中期段階は発症から数か月~半年ほどでなるケースが多いです。
身体的な不調が出ることで自覚もしやすくなりますが、この段階になると自分で病院に行こうという意欲が薄くなっていることが多いため、放置してしまう可能性もあります。

こちらの記事では、うつ病と睡眠の関係性についてご紹介しています。
夜になかなか寝付けず、夢見が悪いことにお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください。

重症になったときの症状


うつ病を発症してから1年以上経過すると、症状が悪化して重症状態になっているかもしれません。
重症になった場合には、主に以下のような症状が現れます。

重症段階でのうつ病の症状
     
  • ・動きが遅くなる
  • ・理由なく消えてしまいたいと考える
  • ・何をしても孤独に感じる
  • ・常識から外れたことをしたいと思う
  • ・頭痛がひどくなる
  • ・のどが渇く

    ……など

うつ病が重症段階まで進行すると、常に死について考えるようになり自殺をする可能性が高くなります。
非常に危険な状態であり、一刻も早く病院で適切な治療を受ける必要があるでしょう。

また、重症化すると回復までの期間も長くなることがほとんどです。
数年単位での継続治療を受けなければならず、抑うつ剤などを活用した薬物治療も行われます。

うつ病の症状に当てはまる場合


ここまで紹介してきた症状に当てはまる場合は、うつ病が進行している可能性があります。
その場合は、迷わず病院に行って医師の診断を受けましょう。

うつ病は進行が早い段階で治療を行うことで、症状が長引くことなく早い回復が期待できます。
重症化する前に、早い段階での受診をおすすめします。

うつ病は進行するごとに症状が変わってくる


いかがでしたでしょうか?

うつ病の進行は3段階あり、それぞれで症状が異なってきます。

初期段階では精神的に不安定になる症状が多く、中期段階になると体への影響もみられます。
重症化すると自殺のリスクが高まるため、すぐにでも治療をする必要があるでしょう。

ただし、本人が自覚できない場合も多いため周囲の人が気付いて指摘してあげることも重要です。
また、うつ病は進行が早い段階で適切な治療をすれば、回復も早いことが特徴です。

YSこころのクリニックでは、うつ病を根本的に治す治療を行っており、再発率も非常に低いことに定評があります。
健康保険も適用しているため、ぜひお気軽にご相談ください。

ぜひチェックしてください。

「あなたのお悩みをまずはご相談ください」
  • ご予約・ご相談はこちら

    03-6458-8804

  • お問合せはこちら
  • 基礎講座について

最新のうつ病治療なら東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック